The PRIMAL プライマル

幸せな暮らしの根本は、「自然体で暮らす」こと。

住まいにとっての充実とは何でしょうか。 豪華さや広さではないことは明らかです。 機能性や快適さだけでもないでしょう。 それは周囲の環境を含めた社会とのかかわりの中で 「暮らしを楽しむこと」なのではないでしょうか。 昔から「住まいとは生活の器である」といわれます。ここに秘められた意味は、 住まいの本質は家を構成する様々な物質にあるのではなく、 住まい手の織りなす生活にあるということです。 つまり、住まいとは、床・壁・天井などの目に見える構成要素の集合体ではなく、 眠ったり、食事をしたり、語り合ったりという行為の受け皿であるといえます。 私たちハウジングネットワンは、 「誰にでもそこそこ不便なく使える住宅を住まい手に供給する」のではなく、 住まい手と住まいの、住まいと都市の良好な関係の中で 自然体で暮らしていけることのできる舞台の実現に取り組んできました。 そして、この度、出会った地が福山市「道三町」。 「自然体で暮らす」ことのできるステージを、ここ「道三町」で実現します。 「ビアンカ道三町プライマル」、まもなく開幕です。 Bianca